ドッグマッサージ 子犬からシニア犬まで、獣医の知識を含めて、心と体のケアをお手伝いします。

まるちゃんのページへ♪

まるちゃん マルチーズ 11才 女の子 

画像の説明

うちのまるは重い心臓疾患に加え頸椎に問題があり
昨年の10月頃から寝たきりの生活を送っています。
まだまるが自力で歩けていた頃は、週2〜3回のレーザー治療を受ける事で状態がそれなにり保たれていたのですが、持病の心臓病が原因で体調を崩してしまった為、まるを興奮させる様な事は出来るだけ避けようと言う話になり、それまで受けていたレーザー治療を中断する事にしました。

レーザー治療を中断した後は、徐々に状態が悪くなり自力で歩く事も立ち上がる事も出来なくなってしまいました。本当ならば、ちゃんとした精密検査を受けて、まるがどうしてこの様な状態になってしまったのか?という事を知り、治療法があるのなら、治療を受けさせてあげたいという気持ちだったのですが、持病の心臓病の状態も悪かった為、麻酔を使っての検査に踏み込む事は出来ませんでした。このまるの状態を少しでも良くしてあげたいという気持ちは溢れる程あるのに、どうにもしてあげれられない現実との間で毎日苦しみ悩んでいた所にドッグマッサージをされているyaya先生との出逢いがありました。

初めてyaya先生のHPを拝見させて頂いた時、大げさかも知れませんが
神様っているんだなー、と感じました(笑)それまで、ドッグマッサージという言葉を 聞いた事はありましたが、どちらかと言うと「ワンコがリラックスする為のもの」というイメージが強かったのですが、実際にyaya先生のマッサージを受けているまるの姿を見ていたりyaya先生のお話しを伺ってみて思った事は、身体が不自由な子やシニアワンコさんにもマッサージはとても有効なものなのだと感じました。
それまで痛みで顔を歪ませていたまるの表情が、yaya先生のマッサージを受ける度にまる本来の表情に戻って行くという体験は、本当に凄いものだと思いました。

マッサージの度にyaya先生が一生懸命描いて下さるアドバイスシートも宝物です。
アドバイスシートを見ながらまるにマッサージや温灸をする時間が今ではとても大切な時間になっています。完璧なマッサージは出来ませんが、見よう見真似でも「良くなれ〜、歩ける様になれ〜」と念じながら、まるの身体に触る事で信じられないミラクルが起こったりするんですよね。ワンコと飼い主は本当に相思相愛なんだなーっという事をyaya先生のドッグマッサージから教えて頂きました。これからもyaya先生のご指導の下(笑)焦らずゆっくりとまると一緒に頑張って行きたいと思います♪

(H23 5月に書いてくださいました♪ありがとうございます!)

a:1046 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.07
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional