ドッグマッサージ 子犬からシニア犬まで、獣医の知識を含めて、心と体のケアをお手伝いします。

シニアのわんこについて

シニアのわんこについて

シニアのわんちゃんが年をとってくると後半身が弱くなるのはなぜなのでしょうか?

まだ確信はないのですが、若い頃からの筋肉への負担の積み重ねからくるのではないかと思っています。

もちろん全てではありませんが、関節や骨の病変はそのあとに来ているようにも見えます。

また、足先までの血の巡りが悪くなる事も大きな要因だと思います。

シニアのわんちゃんの寝たきりまでの経過の一例です。

 

朝、起きがけに後足を引きずるようになった
        ↓
そのうち、後足がギクシャクして歩くようになってきた
        ↓
後足の裏がちゃんと地面につかない(ナックリングといいます)
        ↓
後足がペケポンになって力が入らない
        ↓
前足も地面を踏みしめることができなくなった。
(これは、前足に負担がかかるため、前半身に痛みや違和感が生じ、          力を入れられなくなるからです。)
        ↓
起き上がれなくなった
        ↓
ねたきりになった・・・

画像の説明

☆ 特に、中型犬から大型犬はその傾向が強いと  思います。

☆ 後ろ足の筋肉が落ちてくると、関節への負担が 大きくなるので、痛みにより、さらに歩くこと を嫌がるようになります。
 このようにして悪循環がおこります。

マッサージでは、まず、足の先まで血の巡りをよくすることを目的として行います。

      
a:4881 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.07
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional